スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイジオ新製品「iHA-21」、「iHA-31」 2011年春期発売予定!

2011年01月07日 16:20

皆様には日頃より弊社をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

現在開発中の株式会社アイジオ新製品「iHA-21」、「iHA-31」に関しましてアナウンスさせて頂きます。

blog-cp.jpg

・「iHA-21」
iHA-1 V2シリーズの後継となるDAC搭載ヘッドフォンアンプの新シリーズ「iHA-2Xシリーズ」の第一弾となるハイコストパフォーマンスモデルです。
iHA-1 V2SXまでの開発により蓄積され技術やお客様よりのフィードバックを元に、よりお求め安くアイジオ製品の高品質、高音質、扱いやすさはそのままにお届けすることをコンセプトに開発を行いました。
エントリーモデルながらiHA-1 V2シリーズのアナログ・デジタル入力の豊富さや扱いやすさ、高品質な音声出力能力を引き継ぎます。
※2011年春期 発売予定

・「iHA-31」
お求め安い価格ながら、RCA2系統、XLRバランス1系統の豊富なアナログ入力を備え、iHA-32までのヘッドフォンアンプ開発により蓄積されたアイジオのオーディオチューニング、オーディオテクノロジーにより高音質を可能にしたアナログ入力専用ヘッドフォンアンプのハイコストパフォーマンスモデルです。
※2011年春期 発売予定


また、新シリーズの発売決定に伴い、「iHA-1 V2SX」の生産終了および在庫分まででの販売終了が決定致しました。
長い間iHA-V2 SXやiHA-1 V2シリーズのご支持を頂きましたユーザー皆様誠にありがとうございました。
それに伴いアイジオダイレクトストアにて、在庫のみ完全個数限定でのセール販売を行わせて頂いております。 アイジオベストセラー商品iHA-1 V2SXをご購入できる最後のチャンスとなりますので、ぜひご興味の方はチェックお願い致します。

今後とも株式会社アイジオおよびアイジオ製品をなにとぞよろしくお願い致します。

リンク:izo Direct Store
スポンサーサイト

iHA-32続報 内部画像、iTCPチューニング情報公開!

2010年07月09日 16:53

現在開発中のバランス入力/出力対応の高品質アナログヘッドフォンアンプ iHA-32の続報です。
先の情報公開より大変長らくお待たせ致して申し訳ありません。

現在iHA-32は基本設計を終了し、実機テストによる細かい問題の修正や最終的な音質チューニング、製品版の生産準備を行っております。

2010年8月までに公式リリース発表、2010年秋の発売開始を目標に社員一同努力させて頂いておりますので、次の情報公開までもうしばらくだけお待ち下さい。

・iHA-32内部画像公開
現在テストに使用しているサンプル機の背面パネル、基盤画像を当ブログでのみ限定公開致します。
アナログ専用ハイエンドヘッドフォンアンプとして充分な高品質設計、作り込まれたレイアウトをご確認下さい。

32-1.jpg

※上記画像は開発中のため、実際の商品とは異なる場合がございます。

・iTCP、バランスヘッドホン出力について

iHA-32は、アイジオ新開発のiTCP(アイジオ・トーンコントロール・プロセッサー)を搭載し、お使いのヘッドホンの特性や好みの音質にあわせたチューニングを使用することが出来ます。
iTCPはiTCP専用のチューニング回路を採用することで、単純なトーンコントロールやトレブル/バスブーストとは異なる、音のバランスが壊れたり、音質劣化等の無い音質調整を可能にしました。

さらにバランスヘッドホン出力には、バランスヘッドホンとして多く使用されるSenheiser HD650、AKG K701といったヘッドホンに最適化されたバランス出力専用のチューニングを採用しました。

ハイゲイン/ローゲイン出力、バランスヘッドホン出力との組み合わせにより、アンバランスヘッドホン出力4種類、バランスヘッドホン出力2種類のサウンドチューニングバリエーションを選んでお使いになることが出来ます。

各チューニングバリエーションでのおおよそのサウンドイメージを図に致しましたのでご参考下さい。

32-3.gif

※各チューニングバリエーションでのイメージは開発中の製品を使用した物となります。 また再生環境やご使用のプレイヤー、ヘッドホンにより変化がありますこと予めご了承下さい。

iHA-32の各機能や製品イメージに関しましては以前のブログ記事もご参照下さい。

今後とも株式会社アイジオならびにアイジオ製品をよろしくお願い致します。

2010年前期発売予定開発中製品のお知らせ

2010年02月05日 16:26

2010年前期発売予定の開発中製品についてご案内させて頂きます。

new-product-izo-s.jpg iHA-32: HIGH-END DUAL MONO HEADPHONE AMPLIFIER 
iDAC-1で好評を頂きましたFULL DUAL MONO回路を採用したアナログハイエンドヘッドフォンアンプです。
デュアルモノラル設計により、高品質なバランス出力を実現し、さらにバランスタイプのヘッドフォンにも対応いたしました。
専用電源iPSUを標準付属(iPSU-1ユーザー向けに非付属モデルも発売予定)としizo独自開発の電源テクノロジーiPSU-TRVDを採用することで、ハイエンドオーディオに迫る完璧な電源安定製、ノイズ抑制を可能にしました。
さらにアイジオ新開発独自機能のiTCPを搭載。
異なったチューニングで設定されたオーディオ回路を2系統リアルで搭載することで、多様な種類のヘッドフォンの特性、ユーザー様の好みの音質に合わせてチューニングを選択し使用することが可能です。

「izmo(イズモ)」
「izmo」はポータブルデジタルプレイヤーやモバイルPC等のポータブルオーディオ環境においても高級感のあるデザイン、使いやすさ、据え置き機に迫る高音質、お求め安い価格を実現するために株式会社アイジオが満を持して設立するポータブルオーディオ向けニューブランドです。

iM1: SEMI PORTABLE HEADPHONE AMPLIFIER 
イズモブランドより発売予定のデスクトップ、ポータブル向けUSBDAC付きヘッドフォンアンプです。
新規に独自設計された高級感のある小型ボディに高品質ロータリーボリュームを採用する等、今までの小型ヘッドフォンアンプには無かった機能性とデザイン製の両立を目指しています。
音質面では、イズモブランド用に特別に調整されたポータブルオーディオ専用チューニングであるアイジオアドバンスドチューニング モバイルを採用。
izo新開発電源テクノロジーのFADEC、TRVDを搭載することで、持ち運んでのご利用時はもちろん、PCとのUSB接続においても最良の電源安定性、高音質音楽再生を可能にしました。 モバイルPCでの使用をメインに、ポータブルオーディオでも使用したいといったユーザー様に推奨出来る製品です。

iS1: PORTABLE HEADPHONE AMPLIFIER 
イズモブランドより発売予定のデスクトップ、ポータブル向けヘッドフォンアンプです。
ポータブル用に新規に独自設計された高級感のある小型ボディに高品質ロータリーボリュームを採用する等、 今までのポータブルヘッドフォンアンプには無かった機能性とデザイン製の両立を目指しています。
バッグに入れた状態でも便利に使用できるように、ラインイン入力端子をフロントパネルにも搭載、電源スイッチにはボリュームノヴ兼用のロータリー型を採用、独自の低電力設計の採用により最大約28時間の長時間連続使用を可能にするなど、持ち運んで使用する際の使用感を追求しました。
音質面では、iM1と同様にアイジオアドバンスドチューニング モバイルを採用。
izo新開発の電源テクノロジーを搭載することで、持ち運んでのご利用時はもちろん、PCのUSBやアダプタで使用する際にも最良の電源安定性、高音質音楽再生を可能にしました。

発売時期は3製品共に、2010年春~初夏での発売を予定しております。
正式な製品リリースのお知らせまでもうしばらくお待ち下さい。

izo 2009年8月~2010年春期 販売計画について

2009年07月10日 18:58

日頃より、格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

前回のブログ更新分にてお知らせさせて頂きました製品ラインナップの
再編成に関しまして続報をお知らせさせて頂きます。

2009年初秋発売予定
・低価格帯小型ヘッドフォンアンプ
・iHA-1 V2 次期モデル(USB接続 24bit/96khz入力対応)
・iDAC-1 次期ロット(USB接続 24bit/96khz入力対応)
正式なアナウンスまでもうしばらくお待ち下さい。

2009年秋発売予定
・iHA-31

2009年冬~2010年初春発売予定
・iHA-32

また、現在 izo Directstoreにて改定価格にて販売中のiHA-1 V2、iDAC-1現行製品の弊社在庫数が残り少なくなって参りました。
お求め安い価格にてご購入頂けますチャンスですので、ご購入ご検討中のお客様につきましてはでぜひお早めにご購入頂ければと思います。


今後とも何卒よろしくお願い致します。

新製品情報:アナログ専用ヘッドフォンアンプ 「iHA-31/iHA-32」

2009年03月31日 17:16

現在開発進行中のアナログ入力専用ヘッドフォンアンプ2機種「iHA-31」、「iHA-32」の簡単な特徴、仕様を公開させて頂きます。

「iHA-3X」シリーズのヘッドフォンアンプは、アナログ入力専用の設計を行うことでizoのデザイン性や使い勝手の良さはそのままにコストの最適化、さらなる音質の向上を可能にしました。
またハイエンド仕様の「iHA-32」では、フルバランス出力のサポート、独自機能である「iTCP」を採用し、単純に高音質を目指すだけではなく新しい楽しみ方をご提案致します。

2製品とも設計段階まではほぼ終了し、現在調整作業、生産準備の段階に入っております。
正式な発売日、詳細情報などは正式なリリース発表までもうしばらくだけお待ち下さい。

iHA-31「アナログ入力専用ヘッドフォンアンプ」

・今まで蓄積された技術によりizo独自のチューニングをさらに発展させたadvancedチューニング
・バランス入力対応:3インプット(XLR x1/ RCA x2)
・ヘッドフォン出力 x1
・パススルー出力(ノイズ遮断回路搭載)
・ゲインコントロール(HIGH&LOW)
・ポップノイズを低減するゼロポップ回路を搭載
・ボリューム:ALPS社製ボリューム
・iPSU-1専用電源サポート
・ACアダプタ電源供給サポート

iHA-32「ハイエンドアナログ入力専用ヘッドフォンアンプ」

・今まで蓄積された技術によりizo独自のチューニングをさらに発展させたadvancedチューニング
・デュアルモノラル(フルバランス)設計を採用
・izo独自開発の「iTCP」デュアル チューニング回路を搭載
 (オーディオ回路を2種類搭載、お好みに合わせて切り替えて使用可能)
・リアルバランス入力対応:3インプット(XLR x1/ RCA x2)
・ヘッドフォン出力 x2 ※バランスヘッドフォン出力をサポート
・パススルー出力(ノイズ遮断回路搭載)
・ゲイン選択(アンバランス出力時のみ、ヘッドフォン端子で選択 <左 LOW/ 右 HIGH>)
・ボリューム:ALPS社製27型金属軸4連タイプ(高品質特注タイプ)
・ポップノイズを低減するゼロポップ回路を搭載
・外部電源専用設計による電源供給の最適化(iPSU-1専用電源サポート)
・単体販売等の販売パッケージに関しては現在調整中

※各画像は開発中のイメージとなります。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。