スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新製品情報:アナログ専用ヘッドフォンアンプ 「iHA-31/iHA-32」

2009年03月31日 17:16

現在開発進行中のアナログ入力専用ヘッドフォンアンプ2機種「iHA-31」、「iHA-32」の簡単な特徴、仕様を公開させて頂きます。

「iHA-3X」シリーズのヘッドフォンアンプは、アナログ入力専用の設計を行うことでizoのデザイン性や使い勝手の良さはそのままにコストの最適化、さらなる音質の向上を可能にしました。
またハイエンド仕様の「iHA-32」では、フルバランス出力のサポート、独自機能である「iTCP」を採用し、単純に高音質を目指すだけではなく新しい楽しみ方をご提案致します。

2製品とも設計段階まではほぼ終了し、現在調整作業、生産準備の段階に入っております。
正式な発売日、詳細情報などは正式なリリース発表までもうしばらくだけお待ち下さい。

iHA-31「アナログ入力専用ヘッドフォンアンプ」

・今まで蓄積された技術によりizo独自のチューニングをさらに発展させたadvancedチューニング
・バランス入力対応:3インプット(XLR x1/ RCA x2)
・ヘッドフォン出力 x1
・パススルー出力(ノイズ遮断回路搭載)
・ゲインコントロール(HIGH&LOW)
・ポップノイズを低減するゼロポップ回路を搭載
・ボリューム:ALPS社製ボリューム
・iPSU-1専用電源サポート
・ACアダプタ電源供給サポート

iHA-32「ハイエンドアナログ入力専用ヘッドフォンアンプ」

・今まで蓄積された技術によりizo独自のチューニングをさらに発展させたadvancedチューニング
・デュアルモノラル(フルバランス)設計を採用
・izo独自開発の「iTCP」デュアル チューニング回路を搭載
 (オーディオ回路を2種類搭載、お好みに合わせて切り替えて使用可能)
・リアルバランス入力対応:3インプット(XLR x1/ RCA x2)
・ヘッドフォン出力 x2 ※バランスヘッドフォン出力をサポート
・パススルー出力(ノイズ遮断回路搭載)
・ゲイン選択(アンバランス出力時のみ、ヘッドフォン端子で選択 <左 LOW/ 右 HIGH>)
・ボリューム:ALPS社製27型金属軸4連タイプ(高品質特注タイプ)
・ポップノイズを低減するゼロポップ回路を搭載
・外部電源専用設計による電源供給の最適化(iPSU-1専用電源サポート)
・単体販売等の販売パッケージに関しては現在調整中

※各画像は開発中のイメージとなります。
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。