スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイエンドヘッドフォンアンプ「iHA-32-2013」発売のお知らせ

2012年12月12日 11:32

デュアルモノラル回路、独立電源シャシーなどハイエンド構成で、zionote協力によって完成した最新チューニング「System13」を採用したフラッグシップヘッドフォンアンプ「iHA-32-2013」を12月20日(木)に発売いたします。

izoが研究開発した多くの高音質化技術をzionoteの協力を得て、チューニングテクノロジー「System13」 として完成させました。
ハイエンドヘッドフォンアンプ、iHA-32をSystem13テクノロジーによってizo史上最高音質のヘッドフォンアンプとなりました。
ただひたすらにヘッドフォンアンプとしての音質を追い求めたフラッグシップ・ハイエンドヘッドフォンアンプ、iHA-32-2013です。

32-2013-single-F1024.jpg

32-2013-single-B1024.jpg



デュアル・モノ&フルバランス処理

左右の音を別回路で処理を行うデュアル・モノ構成を採用しました。
更にバランスでもアンバランスでも入力された信号は内部でデュアル・モノラル&フルバランスで処理されます。


デュアルヘッドフォン/フルバランスヘッドフォン対応!
2台のヘッドフォンを同時に鳴らすデュアルヘッドフォン出力を搭載しました。
それぞれローとハイの異なるゲイン設定でヘッドフォンの特性や音の好みに合わせて使い分けられます。

アンバランス信号でもiHA-32-2013ですぐバランス変換され、出力直前まで全てバランスで処理を行い、通常のヘッドフォン使用時でもフルバランス回路を活かした高音質再生が可能です。


iHA-32専用開発、Advanced TuningII搭載
高域再生、中低域のバランス、音質改善、より優れた解像度と空間表現を実現しました。


iTCP
izoがzionoteの協力によって完成させた最新のチューニングシステム「System13」によって、あらゆるヘッドフォンのポテンシャルを引き出した再生が可能なハイエンドヘッドフォンアンプとなりました。


オリジナル電源ユニット専用設計
専用高品質電源ユニット「iPSU-1」もSystem13テクノロジーによってiPSU-1-2013として生まれ変わりました。
iPSU-1-2013から電源を供給されることを前提に設計を行えるため、全ての回路が圧倒的な電源効率で動作します。
内部抵抗・出力インピーダンスの非常に低い高品質電源から電源供給を行いよりノイズが少なくクリアな音質グレードを可能にしました。

「iTRST(izo True Rail voltage Source Technology)」の開発により、アナログ入力部からアンプ部、アナログ出力部まですべての回路にiPSU-1を通した高純度の両電源(Rail Voltage Source)だけを使用することで最高のパフォーマンスを発揮します。
iPSU-1-2013は別筐体構成のため、アンプ部分は電源由来のノイズを一切受けません。
iPSU-1-2013から良質の電源を供給するメリットだけを得て、デメリット無く連続使用が可能です。


高性能アンチポップノイズ機能
電源のON/OFF時に発生するポップノイズを遮断する「ZERO POP II」を搭載しました。
ライン出力とヘッドフォン出力の全てに搭載し、プログラム制御されたリレー切替により、ヘッドフォンやスピーカーをポップノイズのダメージから守ります。


独立ゲインシステム
izoのゲイン機構「Advanced Gain System」は単純なボリューム調節だけでなく、ローゲイン出力とハイゲイン出力でそれぞれ独立した回路で構成され、ヘッドフォンの特性に合わせた処理を行っています。
ローゲインとハイゲインの同時使用の際にも、相互影響を遮断するメカニズムを搭載し、デュアルヘッドフォン再生においても出力損失やノイズの無いパーフェクトにヘッドフォンをドライブします。


iTCP
iTCP(アイジオ・トーンコントロール・プロセッサー)を搭載し、お使いのヘッドフォンの特性や好みの音質にあわせたチューニングを使用することが出来ます。
iTCP専用のチューニング回路を採用することで、単純なトーンコントロールやトレブル/バスブーストとは異なる、音のバランスが壊れたり音質劣化等の無い音質調整が可能です。
ハイゲイン/ローゲイン出力、バランスヘッドフォン出力との組み合わせにより、アンバランスヘッドフォン出力4種類、バランスヘッドフォン出力2種類のサ ウンドチューニングバリエーションを使用することが出来ますので、ご使用のヘッドフォンとのマッチングを行うことが出来ます。


シャシーデザイン
多くの音質改善機構を搭載したフルバランス回路のヘッドフォンアンプを、緻密な3D構造設計を行いうことで、高い品質、機能性と小型化を同時に可能にしました。
専用電源ユニットを別筐体とし本体にスタックさせる方式を採用することで、スペースを取らず大きなACアダプターも必要が無いため狭いデスクトップ上でも邪魔になりません。


izo&zionote合同試聴会 「アイジオのオト」
iHA-32-2013の発売を記念して、12月16日(日曜)に東京新宿にてizo&zionote試聴会 「アイジオのオト」を開催します。
http://zionote.com/blog/?p=1395

M2TECHのハイエンドDAコンバーター「VAUGHAN」、OPAMPでもディスクリートでもないMCUを採用した圧倒的音質と動作時間を誇るJL Acoustic Labsの「BAB1-XA」、「BAB3-JE」、そしてUBIQUOの未発表最新イヤフォンなどを公開します。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
製品名:iHA-32-2013
発売日:2012年12月20日(木)
izoDirectStore価格:149,800円(税込)
製品ページ
http://izo.co.jp/zbxe/iha32_2013
※画像はご自由にお使いください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
製品のご質問(お問い合わせフォーム)

http://izo.co.jp/zbxe/qna

営業窓口
zionote株式会社(サウンド&マーケティング協力)
info@zionote.com


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://izoblog2.blog46.fc2.com/tb.php/168-c42a6580
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。