スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長らくお待たせしました

2007年12月20日 16:52

長らくお待たせしており、申し訳ありません。 iHA-1V2、iPSU-1、iDA-1、iVHA-1、4種の新製品同時発売を予定しております。 近日中に正式発表が出来るよう、全力で準備を進めています。

ヘッドホン専用アンプ「iHA-1V2」

  • DACチップにPCM1796を採用
  • ツインバッファー+シングル増幅回路の適用 「OPA604AU」x4、「OPA627AP」x2
  • L/Rの信号を分離し、それぞれ別々のシングルタイプOPAMPで増幅するツインモノラル構造
  • 4種類の入力に対応(?アナログ、?USBサウンド、?S/PDIFデジタル角型光、?S/PDIFデジタル同軸)

専用電源「iPSU-1」

  • オーディオ専用の安定化電源回路を搭載
  • Amveco社製トロイダルトランス、Panasonic社製大容量コンデンサー、VISHAY DALE抵抗、WIMAコンデンサーなど、高品質部品を採用
  • ヘッドホンアンプ本体から電源部を分離することにより電源部回路から発生するノイズを遮断
  • 対応商品:iHA-1/A/B/C/V2 (1台のiPSU-1から2台のアンプに電源供給可能)

プリメインアンプ「iDA-1」

  • PWM方式デジタルアンプ・チップ トライパスTK2050を採用し、高品位な音質を実現
  • ツインモノラル設計
  • Kimber社製カップリングコンデンサ搭載
  • WIMA、Panasonic Electronic、三洋OS-CONなど高性能コンデンサーを採用
  • アナログ入力(RCA)とデジタル入力(光角型、同軸)に対応

真空管ヘッドホン専用アンプ「iVHA-1」

  • オペアンプと真空管(Mullard社製)のハイブリッド回路により、真空管アンプの温かみと艶ある音質、高いS/N比、十分なヘッドホン駆動力を提供
  • izo専属エンジニアが1台ずつハンドメイド
  • オペアンプ(OPA604AP x2)には出力オフセット調整用のトリマ・ポテンショを取り付け、 調整した作り

(iHVA-1は、秋葉原のダイナミックオーディオ5555様の店頭に試聴展示中です。製造方式の違いから、お待たせしているiPSU-1、iDA-1よりも展示が早くなったことをお詫び申し上げます。)

詳細情報は近日中に弊社ホームページなどでお知らせします。



コメント

  1. mappy | URL | 79D/WHSg

    いよいよですね。
    楽しみにしてます。

  2. mappy | URL | 79D/WHSg

    明日(12月28日)の発表、楽しみにしてます。

  3. mappy | URL | 79D/WHSg

    iHA-1 V2 注文させて頂きました。
    A,Bとの音キャラの違い楽しみです。

  4. izo_A | URL | 79D/WHSg

    ご注文いただきましてありがとうございます。7日発送になっております。
    ご感想をお聞かせいただきたく、お願い申し上げます。

  5. mappy | URL | 79D/WHSg

    izo_A 様
    暫く聞き込んだ後、メールにて感想をご報告させて頂こうと思っています。
    ところで、iHA-1 V2 は電源LEDとデジタルソースセレクトLEDが白色になったんですね。
    個人的にこれ好みです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izoblog2.blog46.fc2.com/tb.php/28-d59f7f7d
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。