スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高性能デジタル/アナログコンバータ「iDAC-1」

2008年10月31日 11:02

株式会社izoはデュアルモノラル出力設計を採用した高性能DAC(デジタル/アナログコンバータ)iDAC-1を発表致します。

高性能DAC(デジタル/アナログコンバータ)「iDAC-1」

発売日:2008年12月1日 定価:118,000円(izoダイレクトストア特別価格 108,800円)

iDAC-1はデュアルモノラル出力設計の採用、高品質パーツの採用、優れたチューニング等により、光デジタル入力、同軸デジタル出力、パソコンとのUSB接続など、様々なデジタル出力を高品質なアナログ音声に変換、出力することが可能な高性能DAC(デジタル/アナログコンバータ)です。

2年間の開発期間により厳密に設計されたチューニング、デュアルモノラル出力、子細にわたりこだわった高品質パーツの採用により、あらゆるデジタルソースを高品質なアナログ音声へと変換し再生致します。 ハイレベルなチャンネル分離力・高い解像力度・音場感が、ただソースに正確なだけではないオーディオ的な音楽再生を可能にしました。

・高性能DACチップPCM1792の段階から完全にチャンネルが分離したデュアルモノラル設計を採用することで、プルバランス出力に対応しクロストークの排除や確実なチャンネル分離力を実現。

・発振器に高性能TCXO(温度補償型水晶発振器)を搭載することで、デジタルノイズやジッターの発生を極限まで抑制し最上のS/N比感や解像度を実現。

・4系統(角型光デジタル ×2、同軸デジタル×1、USB×1)の豊富なデジタル入力をサポート

・USBサウンド回路にも高品質TCXO(温度補償型水晶発振器)を適応し、より優れた高音質USBサウンド再生を可能にしました。

・2系統(バランスXLR、アンバランスRCA)のアナログ出力を回路的に分離する選択式を採用、出力損失を最小限まで減らしベストな出力品質を提供します。

・高純度の電源を提供するために大量のOS-CONおよび高品質キャパシターを使用、特に内部に安定化電源回路を搭載したことで、ACアダプタでの使用時にも高音質再生を可能にします。

・新設計のゼロポップ回路を採用し、電源ON時に発生するポップノイズを限界まで排除致しました。

・厳密な3D構造設計を行うことで、高品質、多機能性とデザイン性、小型化の両立に成功しました。

・側面に厳密に設計されたサイドスリットを採用し、発熱効率を向上させ、さらに美しいデザイン性を持ちます。

・専用高品質電源ユニット「iPSU-1」との接続をサポートし、内部抵抗・出力インピーダンスが非常に低い高品質電源から電源供給を行うことでよりノイズが少ないクリアな音質へのアップグレードを可能にします。

 

iDAC-1製品情報 http://izo.co.jp/zbxe/idac1

株式会社izo http://www.izo.co.jp/

お問い合わせ(E-Mailのみ) info@izo.co.jp



コメント

  1. ロキ | URL | 79D/WHSg

    開発中のiDAC-1は以前、オペアンプにOPA2604 x4、OPA604 x4でソケット式でOPA627へのアップグレード可能とされていましたね。
    でも、HPのカタログからオペアンプの型番表示がなくなっていますし、OPA627へのアップグレード可能とも謳われていません。これは、iDAC-1はizoさんとしてはチューニングした結果、「この音で良し!」という形で出されているDACで、Dr.DAC2なんかとは全然路線が違うと捉えてよろしいですか?つまり、今後オペアンプ換装のアップグレードみたいな事はしないということでしょうか?
    それから、製品版iDAC-1にどのオペアンプが搭載されているかは知りませんが、仮にオペアンプをOPA627に交換した場合、音質向上は見込めるのでしょうか?当然試されていると思いますけど。
    宜しくお願いします。

  2. izo | URL | 79D/WHSg

    ロキ様 コメント有り難うございます。
    さてOPAMPの件ですが、OPAMP部の仕様自体は開発中に表記された仕様のままとなります。
    OPA2604、APA604のソケット仕様ですのでOPAMPの交換自体は可能です。
    ただiDAC-1に関しましてはお客様のご指摘通り、OPA627使用版など様々なバージョンのテストを行い、調整を重ねてチューニングを行い今の仕様とチューニングバランスを決定していること、
    製品の仕様上どうしてもOPAMPの交換等改造を行った製品に関してのサポートが難しくお客様の自己責任での作業になってしまうため、弊社側から推奨することが出来ないという理由によりまして、表記から外させて頂きました。
    またOPAMP換装などの改造サービスや、別チューニングのバージョンの製品の発売の予定はございません。

  3. ロキ | URL | 79D/WHSg

    了解しました。
    OPA627など試した上で最終的に今の音になったということですね。きちんと煮詰められた音のようで期待が出来そうです。ありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izoblog2.blog46.fc2.com/tb.php/45-b0136ab2
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。